ジェネリック医薬品(後発医薬品),病気,副作用問題?保険,補償額, | 最速!ニュース、芸能、動画サイト!

ジェネリック医薬品(後発医薬品),病気,副作用問題?保険,補償額,

Sponsored Link

病気を治そう!!!そう思って飲んだ薬でまた病気!? もしもそんなことが本当にあるとしたら、あなたはどうしますか?

どうしますか?と言われてもどの薬を飲めばいいのかというのは医者によって決められるのでどうすることもできませんよね・・・今回取り上げていくのは

ジェネリック医薬品というもので、後発医薬品とも言われます。

この薬 CMでも結構目にしますよね! そんな薬の効果が医者の中でも疑われている・・・そして患者は一向によくならない現実。 この薬というのは一体なんなのかということを調べていってみましょう!

この薬のことを名前は知っているけど、なんのことかは全くわからない!という方のために説明をしておきますね!

ジェネリック医薬品=前述したように後発医薬品と呼ばれます。 その理由として、まず薬を作る段階から追って説明しますと、

新薬を作るのには各会社が莫大な金額を投資して発見出来れればラッキー!というレベルです。 その金額はやばいです・・・

やばすぎてここでは言えないのでご自分で知れべてくださいw 気を失うかもしれませんよ!!

ということで、もしその新薬をせっかく莫大なお金をかけたのにほかの会社にとられて安く販売されたら全く意味ないですよね。

そこで特許というものがあります。 つまりその発明した会社のみが売れる権利です。 その権利には期限がありますが、その期限を過ぎるとほかの会社も販売できるようになります。 そして出来上がるのが後発医薬品=ジェネリック医薬品です。

しかし今回その効果が微妙すぎる・・・ということで問題になっているんです。

株式会社メトビアが調査に出ました。 その調査というのは医者に ジェネリック医薬品は効果的か!?ということです。

しかしこの回答で選ばれたのがまさかの、6割以上がNOと答えたのです・・・その理由としては

効果が先発品よりも乏しい

患者によってはアレルギーが発生するようになってしまたなど、問題が多発しています。

この薬に関する副作用に関してですが、

代表的な例でいくと ジェネリック医薬品のフィンペシアですがキノリンイエローという発癌性のある物質を含んでいるということです。

これの特徴としては色を黄色くするためにノリンイエローを使用しているので以外の色のものを選びましょう!

医者の6割が疑問を抱いているこの薬ですが、やはり新薬のほうがいいという誘導のため!という意見も見られます。

自分で必要な情報は探しだし、最も適切な薬そして治療を選ぶようにしましょう!!

 

 

Sponsored Link

関連記事一覧

    None Found
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 最速!ニュース、芸能、動画サイト!

この記事へのコメント

最速!ニュース、芸能、動画サイト! TOP » 未分類 » ジェネリック医薬品(後発医薬品),病気,副作用問題?保険,補償額,