韓国遂に天皇陛下を批判!?韓国併合そして第二次世界大戦も | 最速!ニュース、芸能、動画サイト!

韓国遂に天皇陛下を批判!?韓国併合そして第二次世界大戦も

Sponsored Link

最近のニュースはすべて韓国との政治に関してですが、韓国がさらに日本が戦争をしないことをいいことに、言いたい放題言っていますね。

今回はついに天皇陛下までをも批判しました。 そして韓国併合、第二次世界大戦をも持ち出してきて批判をしています。

その言葉を引用してきたのでご覧ください。

1910年に締結された日韓併合というのはみなさんは知っていますでしょうか?

簡単に言うと、日本が韓国を母国のものにしてしまったんですね。しかしその後、第二次世界大戦によって敗れた日本はポツダム宣言により、

朝鮮半島の占領を終了しました。

その韓国併合から8月29日で102年になることから、日本の朝鮮を占領したことに対して、天皇の責任問題について韓国で報道しています。

そして先日韓国が天皇陛下がもし韓国を訪問したいなら、韓国にまず謝罪するべきだ!!という発言をした時のことを持ち出し、

このような発言をしました。

「天皇の問題となると理性をなくし、 判断力を失い行動した第2次世界大戦以前の日本の姿が再現されている」

「天皇に対する発言は一言も聞き捨てならないという日本政府の態度も同様だ」という主張さえもしています。

引用先(http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2302G_T20C12A8MM8000/)

そして天皇制に関しての批判に関しては、

「戦後、米占領軍が日本統治に利用するために維持した天皇制」が「日本の保守化と極右化をあおる時限爆弾のような存在となった」

と論じ、日本語が竹島を自分の領土として発言をしていることに関しては、「過去を直視しない姿勢」とし、その理由を「昭和天皇が戦犯責任を免れたため」と

過激すぎる発言をも繰り返し発言しています。

もはや日本も我慢の限界に達しているとも思えます。しかし日本から攻撃することはできませんし、大人の解決方法で解決してほしいですが、

韓国が静かに話を聞く対応を示さない限り不可能でしょう。

 

Sponsored Link

関連記事一覧

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 最速!ニュース、芸能、動画サイト!

この記事へのコメント

最速!ニュース、芸能、動画サイト! TOP » 政治 » 韓国遂に天皇陛下を批判!?韓国併合そして第二次世界大戦も